■プロフィール

山キチのプー

Author:山キチのプー
山登りとほぼ同時に始めた一眼レフ、どちらもまだまだ初心者です。
最近は、やんこ(奥さん)と山登りに明け暮れていますのでそこで撮った写真を中心にご紹介できればと思ってます。
と思ってましたが、最近はやんこ妊娠中のためひとり山登りを細々と続けています。

また、愛犬りんを被写体にこれからは動体撮影にも挑戦して行きます!

初めての方はこちらを見ていただけると当ブログの雰囲気が少しは伝わるかと思いますのでどうぞ!
お気に入り写真館のお気に入り

また、こちらにもお気に入りの写真をアップしてます。

GANREF


山行記録はこちらにアップしてます。
緑と美味しいものと笑顔があれば…☆


ちばわん
http://animal-note.cool.ne.jp/
わが家の愛犬りんはこちらから紹介いただきました。
わんこを家族に迎えようと思われる方は、是非一度こちらのサイトをご覧いただければ幸いです。

-MyCamera-
Canon EOS 5D
Canon EOS 40D

-MyLens-
Canon EF 17-40 F4 L
Canon EF 24-70 F2.8 L
Canon EF 70-200 F2.8 L
Canon EF 50 F1.8Ⅱ
Canon EF 100 F2.8 L Macro
TAMRON 28-300 XR Di VC

-Other-
Canon SPEEDLITE 550EX
BENRO A-300EX

このブログに掲載されている写真・画像は拙いですが一生懸命撮影したものです。
無断で使用することはご遠慮ください。
もし、興味がある方はメールフォームやコメント欄からご連絡ください。

■最近の記事+コメント

お気軽にコメント頂けるととても嬉しいです!!

==いつもコメントありがとうございます==

■ランキングに参加してます!

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログへ
web拍手

クリック頂けると励みになります。

■グーバーウォーク

■タグランキング

■ユーザータグ
■リンク

■カテゴリ
■ブロとも一覧
■ブロとも申請フォーム
■最新トラックバック
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■月別アーカイブ
■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■カウンター

■オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

■QRコード

QRコード

■カウンター


ジオターゲティング

2010.10.28

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
西丹沢の紅葉
EOS 5D + EF17-40F4L
畦ヶ丸紅葉1
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


連休初日、この日以外はイマイチな天気だと予報が言っていたので、お手軽登山へ出かけた。

行き先は、勝手にホームグラウンドならぬホームマウンテンと決めている丹沢

今回はちょっとマイナーな西丹沢にある畦ヶ丸

このあたりも紅葉が進み、見ごろを迎えていた。

まずは西丹沢自然教室前の紅葉から。


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸紅葉4
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


足を地面へ下ろすたびに聞こえるBGM、見上げると青空紅葉

天気予報どおり快晴で、風もなく快適なトレッキング,本当に気持ちいい!


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸紅葉2
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


丹沢は今までに行った涸沢や那須、谷川岳といったスター級の紅葉ではないけど、紅葉や黄葉も楽しめる。

しかも、西丹沢なら表丹沢と違い静かな山歩きが出来る。


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸紅葉3
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


紅葉した木に枝の影が落ち、カラフルな影絵のよう・・・


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸紅葉5
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


これでもかといわんばかりの

バックの黄葉と対決でもしてるのかな!?


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸紅葉6
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


透き通るような紅葉に影も落ち、二重三重に重なり合ってこちらも影絵のよう!?



EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸落葉3
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


一歩一歩高度を上げて行くと、徐々にの気配を影の長さから感じるように・・・


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸落葉1
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


標高1,000mあたりで紅葉はおしまい

落葉した冬山のポカポカハイキングがはじまる!


EOS 5D + Tamron 28-300 XR Di VC
畦ヶ丸落葉2
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


一日にしてからを一往復。

これにが少々積もってくれてればもっと楽しめるのに♪


無事にピークを踏み、ランチタイム

この後の予定は白石峠から用木沢出合に下り自然教室へ戻る。

しかし、今日はロングコースだったのとスタートが遅れたのとで、下棚滝と本棚滝をスルー。

この紅葉の中、あのを見たい!

ピストンで自然教室へ戻るルートに急遽変更した。

登りとは逆に、冬から秋へとタイムスリップ!なんだか得した気分!!


EOS 5D + EF17-40F4L
畦ヶ丸沢1
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


こんな沢を歩き、しばらくすると本棚滝に到着。


畦ヶ丸滝1

空は明るいのに滝壺は暗く、なかなか難しいコンディション。

でも、紅葉はちょうど良いタイミング

何枚か撮影したけど結局最初のものが一番良かった。

あまり考えない方が良いのかなぁ・・・

畦ヶ丸沢2


最後は名残惜しく、振り返り沢の中に三脚を立て撮影。


今日は最高の天気のもと、紅葉を楽しめて充実した一日でした。


おしまい

参加してます。
blogram投票ボタン



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ











となるはずだったのですが・・・

このあと悲惨な大事故になるとは・・・

最後の写真を撮り、沢沿いを歩き、対岸へ渡渉

沢の真ん中の岩の上に立ち次ぎはどこへ足を運ぼうかと考えてるときにその事故は起きた。

突然、視界がになり、なんだか冷たい

気がつくと、沢に浸かってる自分がいた。

水深30cm程度の沢なので溺れることはまずないのだが、

あとでやんこから話を聞くと、次の岩へ行こうとした瞬間に足を滑らしてたよとのこと。

全くその瞬間が思い出せない。どうして浸かってるのか理解するまでに数秒はかかった。

状況としては左半身がもろに沢の中。

っということは、まだもう少し撮ろうと思って三脚に取り付けたままのカメラを左肩に担いでいたはず。

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~!!!!

完全に水没・・・

すぐさま立ち上がり、平らな場所へ移動、自分の身体のことは二の次にまずはカメラ

ザックを放り投げ、真っ先にバッテリーを抜き、CFカード、その他外せるものは全て外し、タオルドライ

よく水気を取ったので試運転させてみたいけど、バッテリーを入れた瞬間ショートなんてことに

なりかねないので、ここはぐっと我慢

ご心配?の身体の方は擦り傷ひとつなく、異常なし

とはいっても冷えてくるので、ひと段落して下山することに。

途中、壊れてたらどうしよう?、修理?でも来週末の旅行に間に合わないか?

前からサブ機として安いデジイチが欲しかったからとりあえずそれでしのぐか?

いやいや、この前大奮発してレンズ買ったばかりだし・・・

レンズは防滴仕様のおかげでなんとか無事。

さすがにテントの中で結露でびしょびしょになった状態とはレベルが違うだろうし・・・

これを期にNewモデルをGet!!

だからないって・・・

頭の中はこんな状態。

ブルーな気持ちで車まで帰ってきたけど、着替えを済ませると少し落ち着いた。

帰宅後、ドライヤーであちこちから風をあてる。もちろんターボ!しかもたまに熱風!!

すると液晶画面が内側から曇ってきた

やっぱり中にもが入ってたのか・・・

この瀕死状態からでも望みを捨てず、処置続ける。

だいぶ曇りもおさまってきたので、いよいよバッテリーを入れてみる。

電源ON・・・おぉ、液晶が映った、シャッターは・・・

なんだかおかしい、さっきからミラーが上がったり下がったりの繰り返し・・・

ん~、やっぱり駄目か!

もう4年落ちの旧モデルだけど、まだまだ良い絵を吐き出してくれてるじゃないか!

下山中はちょっと浮気心もあった、ごめんよ!

でも三途の川だけはまだ渡らないでくれ~!

心臓マッサージ代わりのドライヤードライ(風量は相変わらずターボ)をまたしばらく続け、

また電源ON・・・おぉ???な、直った!!(気持ち的には治った!!!)

よくぞ戻ってきてくれた。


Canon IXY DIGITAL 80
EOS5D
《クリックすると少し大きな画像が見れます》


一度は死に掛けたこの傷だらけの老いぼれカメラ

前よりも一層愛着がわいてきた。

これからも使い込んで壊れたらまた直してやるぜ!

キヤノンがもう修理サポート終了して部品が手に入らなくなっても部屋に飾ってやる!

これからも一緒に山登ろう!



ということでダラダラ長文になってしまいましたが、大事故からの感動の?救出劇でした。


これで、ホントにおしまい
スポンサーサイト


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

丹沢 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
ドキドキ
プーさん大丈夫でしたか?!
ドキドキしちゃいましたー!カメラさん無事に生還おめでとうございます!よかったですねぇぇ!!余計に愛らしくなりますね。
私はかなりボケっとしてるのでいつかやりそうです………

山登りっていいですね。写真をみてるだけで本当に癒されます。
素敵な写真ありがとうございました!
2009-11-23 月 02:09:20 | URL | まりめっこ [編集]
まりめっこさん
コメントありがとうございます。

不思議なくらい身体は全然大丈夫だったんですよ。
ただ、精神的に参りそうでした・・・
お互い気をつけないとですね!

今回の山登りは紅葉が本当に綺麗で癒されましたよ。
視界いっぱいの紅葉ではないけど一本一本はしっかり色づいてました。
少しでもこの感動をお裾分けが出来てたら嬉しいです!
2009-11-23 月 10:13:24 | URL | 山キチのプー [編集]
こんにちは
こんにちは、冬の陽だまりハイキングいいですね。
しかし、大変でしたね。
私も躓くことが無い縦走路で転んで
カメラを1台壊してしまったひとりです・・・。
無事にカメラが生還してよかったですね。
体をはってカメラを守って!?
我が身を痛めてしまったこともあり
最近は、カメラをたすきがけにして、
ぼちぼち歩いていますよ。
では、また
2009-11-23 月 10:29:40 | URL | ちょび [編集]
No title
自分は、沢または小さい川を渡るときには
必ずといっていいほど片足がつかるほど滑ります
そのおかげで雨などの水対策はばっちりな自分(少し悲しいけど
この前にも実際に携帯を水没させましたが防水携帯というものは、中々ありがたいものですねw
それにしてもすごいカメラに対しての執着心ですね^^;
自分が言うのもあれですが(プーさんも分かってると思うけど)カメラより自分の命を先に考えないと
山行中はとっても危険ですよ~><(特に崖とか崖とか・・・)
2009-11-23 月 11:30:15 | URL | park [編集]
ちょびさん
コメントありがとうございます。

ホントにカメラが生還して良かったです。
登山は危険が至る所に顔を出してるのでそれを軽視することなく
これからも気をつけて、楽しみたいと思います。

ちょびさんもお気をつけて!
2009-11-23 月 13:44:19 | URL | 山キチのプー [編集]
parkさん
コメントありがとうございます。

そうですね。命あってのカメラであり、山登りですのでね。
自分はこの前の奥穂高から前穂高までの吊尾根で浮石を踏み抜き、
三点確保してなかったら上高地まで滑落するところでした。
しかもそこは1週間前くらいに親子が滑落して帰らぬ人となったところあたりだったようです。

いざとなったらもちろんカメラなど放り投げて命を守りますよ!
2009-11-23 月 13:50:21 | URL | 山キチのプー [編集]
No title
こんばんは。
うん、とりあえず良かった良かった。
僕も昔、中判カメラを同じような目にあわせてやりました(^_^;)
でも8年経った今でも現役でメイン張ってます。
機材は使えば使うほど愛着がワクね。
今でもそのカメラを出した時、写欲がアップする気がします。
今日は真面目にコメントです<(_ _)>
2009-11-23 月 20:50:53 | URL | X富士 [編集]
No title
お怪我がなくて何よりでした
カメラも無事生還してくれてよかったですね。
私にも似たような出来事が、といっても
転んだのは私ではないのですが
まだ雪が残る山道を踏み抜けないようにと
登山ベテランの方が先を行ってくださいました。
が、急に姿が見えなくなって・・・・
深くはなかったのですが肋骨にヒビが入ったそうです。カメラは私が持っていたので無事でした~~~
2009-11-23 月 21:12:29 | URL | alice [編集]
笑ってはいけないが
笑ってしまいました。ごめんなさいv-14

私は携帯をトイレにドボンしたことがあって、
そのときのことが思い出されて、妙に親近感がわきました。
ああいう時の集中力ったらすごいですよね。
私の場合、天日干しで九死に一生を得ましたが、
やはり完全復活は難しく、早々に手放しました。

カメラの場合、更に凹みますね。
でもそのカメラ、プーさんに大切に思われていることを感じて
頑張ってくれるかも!!!!!v-218
2009-11-23 月 21:38:37 | URL | くー [編集]
X富士さん
コメントありがとうございます。

X富士さんも経験済みでしたか。
そうですよね、使えば使うほどその機材との思い出も増えて愛着がわくもんですよね。
しかもこんなことがあると余計に。

今日は早速生還したこのカメラに頑張ってもらっちゃいましたよ。
いや~楽しかったぁ~!
2009-11-23 月 22:36:06 | URL | 山キチのプー [編集]
aliceさん
コメントありがとうございます。

みなさん同じような経験されてるんですね。
でもその方はお怪我を・・・
後々考えると、さすがにカメラよりは命の方を真っ先に守らなきゃとも思った今回の事故でした(汗)
2009-11-23 月 22:39:00 | URL | 山キチのプー [編集]
くーさん
コメントありがとうございます。

いやいや、笑っちゃってください!
ホント実際見てた方が余計に滑稽だったかも。
山登っててあんなにずぶ濡れになったのは初めてです(笑)

トイレにドボンはきついですね・・・
そう考えるとこのカメラはあの綺麗な沢で身を清められたのかな(笑)

今日は早速ひと働きしてもらいましたよ。
その写真をアップするのでまた見に来てくださーい!
2009-11-23 月 22:42:46 | URL | 山キチのプー [編集]
No title
かなり遅ればせのコメントでごめんなさい
そんなことがあったんですか~
でもカメラが無事でなにより!
友人のプロカメラマンも昔、NikonF3モードラ付3セット抱えたまま水没したことがありましたけど、そのときは全滅でした、、、 
それからCanonに乗り換えてましたけど、、、
私も今のD300の防滴仕様を過信してかなりの雨でも平気で使ってますがやっぱりまずいっすよね~
2009-11-25 水 20:26:22 | URL | fragment [編集]
fragmentさん
コメントありがとうございます。

それは悲惨ですね・・・
電化製品は水に濡れたらとにかく電気を絶った方が良いと聞いたことがあったので
一目散にバッテリーを抜いたのが良かったのでしょうか?

D300使われてるんですね。
みなさんを見ているとNikon率が高いように思います。
確かに魅力的ですよね・・・
痒いところに手が届くといいますか、ここだっと言う性能や機能がしっかり備わっていると言いますか。
実は欲しいなぁと思う機種があるんです・・・

でも、いいんです。自分はコイツで。
4年も前のモデルなので連射も遅ければ、ゴミ取り機能もないし、ライブビューもISO感度も低い、、、
でも一応35mmフルサイズですし・・・
今回生還してくれたことで愛着というか情というか、今まで以上に気に入っちゃいましたから。
2009-11-25 水 22:23:02 | URL | 山キチのプー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。